読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そるずのブログ

140文字に収まりきらないなんかを書いたりする

イメソン生総選挙SP裏話とか

sorzmg.hatenablog.com
イメソン生 is 何などといった事はこの記事参照。

相当な真剣モードで書いた総選挙SP裏話編スタート。

投稿したやつ
『二宮飛鳥/Do The Evolution/TAG feat. ERi』
歌詞→
BEMANIシリーズ歌詞wiki - Do The Evolution
f:id:sorzmg:20170423093138p:plain



TAG feat. ERi - Do The Evolution

振り付け

【ダンエボ】(暫定版)Do The Evolution【外部出力録画】


紹介文:全くの未知であるアイドルという非日常の世界へと足を踏み入れた二宮飛鳥。
その中で彼女は恐れながらも、今まで見ていた狭いセカイから広いセカイへと歩み続ける。
最初はプロデューサーに対しても一歩距離を置いていたが、時が進むにつれ少しずつ信頼していく。それにしてもハワイアイプロはなんかもうすごかったですね。
そんな時折見せる遠回しながらも素直でキュートな一面をイメージして今回この曲を選びました。
踏み出したその一歩は、何よりも誇らしい。


初出はDance Evolutionの『放課後ダンエボ部!』の解禁楽曲。現在は常にプレー可能。
もうね、うん、歌詞が最高に二宮飛鳥だと思います。
まず「滅入るような日々に"僕らしさ"って何だろう?って 変わってくのが いつも少し怖くて」がもう初期R飛鳥みがあってたいへん飛鳥。
それでもって「やがて振り返るだろう いつかのどこかの僕らに 笑顔であるように 約束しよう」が完全に白黒ライブ前シーンからのダンスでもうだめ。
誰か動画作成スキルのない筆者の代わりに作ってください何でもしまむらうづき

ここからは投稿前日談。
第10回投稿時に元々『Take A Step Forward』を飛鳥単体で送るつもりだったが(詳しくは下記事参照)
sorzmg.hatenablog.com
この曲を聴いて「あっこれ飛鳥だ」という事になり急遽飛鳥ソロとしてこの曲を設定、『Take A Step Forward』はユニット曲として提出された。
そして総選挙SPという事でこの曲を送ろうと決心して妄想込みだった紹介文の改稿に入る。
最初に投稿した時の紹介文が下のような感じ。

『全くの未知であるアイドルという非日常の世界へと足を踏み入れた二宮飛鳥。
その中で彼女は恐れながらも、今まで見ていた狭いセカイから広いセカイへと歩み続ける。
ところでつい最近「碧落のリベレイター」がガチャに来ましたが、まさしく蘭子のようなファンタジー性とは違った現代異能的な一面として力強い飛鳥みが出ていると思います。
そんな時折見せる遠回しながらも素直でキュートな一面をイメージして今回この曲を選びました。
踏み出したその一歩は、何よりも誇らしい。』

この紹介文で投稿開始30分後くらいに送信、7日に画像を送る。
それから締め切り3日前に歌詞を押し出していく以上この方向性違う気がしたので見つかった歌詞URLとともに記事最初に書いた紹介文とともに再送信し、今に至ります。

この曲が二宮飛鳥を知るための一助に、そしてあわよくば1票をよろしくお願いいたします。




ここからマーケティング関係なしの初期稿妄想。

『二宮飛鳥 After Story/Do The Evolution/TAG feat. ERi』
紹介文:ほんの少しだけ未来の話をしよう。
初のソロライブとしてそこに立つ二宮飛鳥。
最後に歌われた曲は今まで誰も聞いたことがなく、そしてこれまでにリリースされた曲とは真逆の曲調だった。
その詩(うた)は自身の集大成。それは今までのファンに向けてのアンサー。
━━━━そして何より、一番最初のファンに贈るものとして。


消えてましたが多分こんな感じだった気がします。
紹介画像はもしCD化したらこんな感じなんじゃないかというイメージの元にデレステスクショをペイントで5分10分程度かけて制作。
これもう紹介文で妄想の8割くらい吐き出してますが「もしも周年ライブで歌詞を書き下ろしたら」というifの話を元に書きあげました。
本番紹介文ではハワイアイプロの語彙力が消失していたのでここに書こうと思いましたが改めて見てももう感情がいろいろ入り混じってやっぱり語彙力が壊滅し「いいぞ。」としか書けなくなってしまったのでここでは「ハワイアイプロまとめを5000兆回見ろ」とだけ書き残して終わります。