読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そるずのブログ

140文字に収まりきらないなんかを書いたりする

ご挨拶とイメソン生とか

初めましての人は初めまして。普段は音ゲーやらモバマスやらをさっくりやっているそるずです。

さて、このブログを開設したきっかけとして戯念(@rick_ginen)さん主催の企画『Image Song M@ster!!」、通称イメソン生の方に第7回から何回か投稿しているのでその曲の解説やら2ツイート内に収まらなかった裏話などをだらだら書いていこうという事で作りました。

 

イメソン生の詳細はこちら→http://ch.nicovideo.jp/Pinya_Colata/blomaga/ar1057426

そんな感じで更新頻度もかなり少ないと思いますがよろしくお願いいたします。

 

それでは初投稿となった第7回イメソン生の解説や裏話でも。以下『ユニットorアイドル名(ユニットの場合組み合わせ)/曲名/アーティスト名』となっています

 

1曲目

『アインフェリア(新田美波鷺沢文香・橘ありす・高森藍子相葉夕美/Ha・lle・lu・jah/SOUND HOLIC feat. Nana Takahasi』


【SOUND VOLTEX BOOTH 】Ha・lle・lu・jah - SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi

 

紹介文:一時の平和を得たアインフェリア、しかし突如襲い掛かる謎の敵。
新たな力「オーバーロードシステム」を手に入れた少女たちは再び戦いに身を投じる。
1期OPが『生存本能ヴァルキュリア』ならば2期OPはこの曲だろうという事でこの曲を選びました。
 戦乙女達よ、世界を照らす華となれ。

 

 

音楽ゲーム『SOUND VOLTEX BOOTH』初出の楽曲。現在ではDDRビートストリームなどでもプレイ可能。

投稿開始まであと3日で1曲は決まったもののせっかくなら送りたいあと1曲が決まらず、特にその1曲が突き抜けている曲であったために真面目な曲でないと均衡が取れない状況の中何気なく電車の中で聞いていたこの曲と『Shine!!』が重なり合ってアインフェリア2期みを感じ取って生まれた組み合わせ。敵案としてLippsもありましたが敵ボスというよりは敵寄りではあるが完全な敵ではないというイメージがあったためこんな感じに。この関連で『INDEPENDENT SKY』も候補の一つとして上がりましたが勝手なイメージとして「最終話、ないしはその一話前のラスボス戦の決着では大体主題歌が流れる」があったために静かなところからの盛り上がりという要素が強いこの曲になりました。多分こっちは1期後半OPとかそういう系。


[SDVX音源] INDEPENDENT SKY [NOFX]

 

完全なる妄想余談ですがダークイルミネイト組は外伝が出る第三勢力枠だと思う。

 

 

2曲目

 
『藤原肇・日野茜/お米の美味しい炊き方、 そしてお米を食べることによるその効果/大日本鉄倶楽部【あさき&96】』
 
紹介文:お米が似合うアイドル上位ランカーの二人(当社調べ)。そんな二人に似合いそうな曲を探したらこの曲になりました。なってしまいました。
ちなみにおにぎりは鮭派です。
 
 
ごめんなさい茜ちゃんでお米タルがやりたかっただけです。
改めてこの曲を説明するとBEMANI系列連動イベント『私立BEMANI学園』で解禁される曲の一つではあるが、ええ、はい。お米です。あまりにも曲名が長すぎる事からお米のメタルという事で「お米タル」という通称が付けられた。
 
イメソン生に投稿することを決心した時「茜ちゃんでお米タルやりたいなー。けどどうせやられてるだろうなー。」といった感じで第6回までの投稿を見たところ奇跡的に無かった事とこんなど真ん中ストレートの曲を投げられるのも最初ぐらいだろうというひねくれた考えによって茜ちゃんのお米が2秒くらいで決定。こんなひねくれた考えしてるのも自分だけだと思うので軽率に直球投稿してもええんやで。
しかし、茜ちゃんだけでは何かが足りないと考えてモバマスのカードを見ていく中で肇ちゃんが田植えをしているカードを発見してこのユニットになりました。
この選出なら合うであろう奥山さんは肇ちゃん見つけた強さで完全に頭から飛んでました申し訳ない。
今になってユニット名を付けるとしたら太陽が昇るのとお米をかけて「Sun Rice」ですかね……?
 
この2曲が紹介された第7回2日目1枠目で投稿されたものがダチャーン怪文書→お米→棟方師匠の『登山者達』→ネバダのガチネタ二刀流バトルロイヤルは大変すごかったです(小学生並みの感想)
 
 
そんな所で第7回投稿分はここまで。それぞれの楽曲から描かれるアイドルのイメージ、そして「イメソン生はどんな自由な発想で送ってもいいんだ!」という参考の一つにでもなれば幸いです。